2010年01月23日

石川議員逮捕、一刻の猶予も許されぬと東京地検(読売新聞)

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件は15日夜、現職国会議員らの逮捕に発展した。

 「一刻の猶予も許されない緊急性があった」。国会開会を3日後に控えた時点での石川知裕衆院議員(36)の逮捕について、東京地検特捜部の佐久間達哉部長は記者会見で、厳しい表情を見せた。

 一方、特捜部の事情聴取の要請に応じていない小沢氏は同日、出張先の大阪から帰京したが、報道陣からの「聴取には応じますか」という問いかけには無言のまま。“側近”の逮捕後も姿を見せなかった。

 「石川、池田両容疑者を政治資金規正法違反容疑で逮捕しました」

 午後10時50分過ぎ、東京・霞が関の検察合同庁舎11階の会議室で始まった東京地検の記者会見。谷川恒太次席検事は冒頭、集まった約40人の報道陣を前に、石川容疑者と、小沢氏の元私設秘書、池田光智容疑者(32)の逮捕を発表した。

 「供述内容や態度を含めた証拠関係から判断した」

 同席した佐久間達哉特捜部長は報道陣から「逮捕の理由」を問われると、そう答えた。18日の国会開会後は国会議員の逮捕に所属する議院の許諾が必要となる点については、「許諾は考慮していない」と強調し、「今、身柄を確保しないと捜査に大きな支障が出る。一刻の猶予もできない緊急性があった」と説明した。

 ただ、「土地代に充てた4億円の原資」や「2人の認否」などの質問には、「どういう色のついた金なのかコメントを控える」などと明言を避けた。

 一方の小沢氏は15日午前10時過ぎ、出張先から帰京するため大阪・伊丹空港に姿を現した。灰色のコート姿で、待ち構えていた報道陣からの問いかけには一切答えなかった。

 羽田空港に到着後は、東京・港区の事務所に立ち寄った後、午後3時頃、国会内の同党幹事長室に笑顔を見せながら入り、同党所属議員ら約10人と相次いで面会。午後4時頃に幹事長室を出ると、カメラのフラッシュが一斉にたかれる中、取り囲んだ報道陣から「事情聴取には応じますか」という質問を受けたが、この時も一切答えず、無表情のまま立ち去った。その後は、千代田区内のホテルに立ち寄り、午後5時過ぎから再び自身の事務所に入ったが、石川容疑者の逮捕後はコメントなどは出さず、公の場に姿を見せることもなかった。

 ◆身柄の確保必要と判断…検察会見◆

 東京地検で行われた記者会見の主なやり取りは次の通り。

 ――石川容疑者を逮捕したのは、任意捜査段階で虚偽の説明をしたためか

 「供述の中身や態度、言動、証拠関係を総合的にみて、身柄を確保する必要があると判断した」

 ――通常国会が開会すると国会議員の不逮捕特権が生じる。それについては配慮したか

 「今、身柄を確保しなければ、捜査に支障が出ると判断した。(不逮捕特権への)考慮はない」

 ――小沢氏が聴取に応じない姿勢を見せていることと、逮捕は関係があるか

 「あくまで両容疑者について、全体の証拠関係から判断した」

 ――土地代金に充てた4億円の提供元は特定したか

 「コメントしない」

<阪神大震災>6434人へ祈り 17日で15年(毎日新聞)
国土面積増加幅、平成で最小=1年で東京ドーム63個分−地理院(時事通信)
「借りたカネは返すな! 」著者逮捕=顧客に脱税指南容疑−さいたま地検(時事通信)
刑事に力点、地方サポート 裁判員裁判施行で法テラス(河北新報)
那覇市職員、収賄容疑で逮捕=手抜き工事見逃し数十万円−沖縄県警(時事通信)
posted by タヤマ ヒデオ at 19:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「小沢さんの説明不十分」地方代表から不満(読売新聞)

 「参院選への影響が心配」「有権者から疑問の声が噴出している」――。

 小沢一郎・民主党幹事長の私設秘書だった石川知裕衆院議員(36)らの逮捕から一夜明けた16日、民主党の党大会本会議を前に、地方の党組織の代表たちが東京・永田町の党本部に続々と姿を見せ、前夜の突然の逮捕劇について、不安や不満を口にした。この日の小沢氏は突如、首相官邸を訪ねた時も、地方の代表が集まる会場に入る時も、相変わらず無言のまま。党の地方代議員会議では、公開する予定だった冒頭の場面も報道陣が閉め出され、非公開になった。

 この日午前9時から東京・永田町の党本部で開かれた会合には、警察官十数人が身分チェックをするなどピリピリムードの中、都道府県連の幹事長ら約50人が集まった。その中で困惑した表情を見せたのは、大阪府連幹事長代理の松崎孔大阪市議。石川容疑者の逮捕について「非常に驚いた」と語った後、「大阪では今夏の参院選で3人区に2人を擁立する方針だが、世論がどのように反応するのか選挙に影響が出なければいいが」と心配そうに話した。

 「小沢さんの説明は十分とは言えない。午後からの党大会で当然説明があると思うが、それを聞かなければ県連としても対応が難しい」と、これまでの小沢氏の対応を批判したのは岐阜県連幹事長の伊藤正博県議。静岡県連の関係者は「この問題に対する有権者からの疑問の声は強まっている。小沢幹事長がしっかり説明するのはもちろんだが、有権者の身近にいる国会議員がもっと声を上げるべきではないか」と注文を付けた。 福井県連の副幹事長、加藤貞信・福井市議は「県連では18日に政治資金パーティーを予定していて、小沢幹事長も来ることになっていただけに、どうなるのか心配。参院選への影響がゼロと言えばうそになるだろう」と表情を曇らせた。

 この後、地方代議員会議が近くの「全国町村会館」に会場を移して開かれた。

 小沢氏は、前夜から泊まっていたとみられる元赤坂の事務所を午前10時すぎに出ると、車で首相公邸に立ち寄った後、同42分、同会館に到着した。黒っぽいコートを着た小沢氏は車から降りると、待ち受けた報道陣からの「幹事長、一言お願いします」という呼びかけにも応じず、まっすぐ前を見つめたまま足早に会場に入った。

 会場には約100人の地方議員がすでに着席していたが、笑顔で入場した小沢氏に対しては、前列から、ぱらぱらと拍手があがっただけ。小沢氏は党の役員が並ぶ席の中央に着くと、おしぼりで顔をぬぐい、水を口にふくんで、笑顔のまま会場を見渡すしぐさを見せた。

 しかし会場にいた100人近くの報道陣に対し、党総務委員長の奥村展三衆院議員が「メディアの方は退室をお願いします」と退席を要請。このため、報道陣からは「幹事長のあいさつはないのですか」「約束と違うじゃないか」などという声が上がり、一時、押し問答になった。結局、会議の冒頭は非公開となり、小沢氏は会議には10分ほどいただけで、再び無言で会場を後にした。

<訃報>影山文朗さん90歳=元豊年製油会長(毎日新聞)
犬くぎ落下 高架下の車直撃、男性けが 名古屋(毎日新聞)
鳩山首相「推移見守りたい」(産経新聞)
阪神大震災 神戸で追悼式典 皇太子ご夫妻、首相も出席(毎日新聞)
<読売テレビ>「鳥人間コンテスト」7月再開(毎日新聞)
posted by タヤマ ヒデオ at 10:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<可視化法案>今国会提出「難しい」…千葉法相ら(毎日新聞)

 取り調べ全過程の録画・録音(可視化)を義務づける刑事訴訟法改正案の今国会提出を目指す民主党の動きについて、千葉景子法相は22日の閣議後会見で「どんな準備が必要か課題がある。整理がつくかどうか」と述べ、今国会提出は難しいとの考えを示した。中井洽国家公安委員長も、捜査の近代化についての研究会をスタートさせることを明らかにしたうえで、「拙速が一番まずい」と述べ、否定的な見解を示した。【石川淳一、長野宏美】

【関連ニュース】
取り調べ可視化法案:対検察、首相慎重 民主の提出けん制
可視化法案:政府として「提出検討せず」 松野官房副長官
国会:衆院で各党が代表質問 野党が「政治とカネ」を追及
千葉法相:取り調べ可視化導入に意欲 韓国を視察
石川議員逮捕:弁護人、取り調べ全過程の可視化申し入れ

「品性に欠ける」民主検察批判チームに自民大島氏(産経新聞)
道具ケア 化粧映え左右 (産経新聞)
「隠滅と逃亡の恐れある」=ひき逃げで米兵の拘置理由開示−那覇地裁(時事通信)
<将棋>初日から激戦突入…王将戦・第1局(毎日新聞)
センター試験 問題訂正漏れぬよう受験生“軟禁”(産経新聞)
posted by タヤマ ヒデオ at 01:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。