2010年03月31日

国家公務員の懲戒28%増、「ヤミ専従」影響(読売新聞)

 人事院は30日、2009年の国家公務員の懲戒処分状況を発表した。

 国家公務員法に基づく懲戒処分を受けた一般職公務員は757人で前年より28%(164人)増加。農林水産省が昨年7月、勤務時間中に組合活動する「ヤミ専従」を理由に職員を大量処分したことが影響した。

 府省別では、農水省が前年比318人増の370人と最多で、全処分者の49%。次いで法務省93人、国税庁52人。処分の内訳は免職34人、停職102人、減給322人、戒告299人。

<友政懇偽装献金>首相元秘書、起訴内容認める 初公判(毎日新聞)
郵政法案骨子で原口総務相「混乱と思わない」(産経新聞)
郵政改革、24日に骨格発表へ=原口総務相らと詰めの協議−亀井担当相(時事通信)
がん検診、ニーズ高いが7割が「受けたことない」(産経新聞)
保護者と性的関係=区立小校長を更迭−東京・江戸川(時事通信)
posted by タヤマ ヒデオ at 09:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。